最新情報

2019年不漁のいかなごいつまで買えるの?美味しい炊き方レシピ

2019年の瀬戸内のいかなご漁。
今年はやはり厳しいようです。

不漁の理由は?

まずはこれまでの1㎏あたりの値段をみてください。

2018年 約1,900円/㎏
2017年 約3,500円/㎏
2016年 約3,000円/㎏
2015年 約2,000円/㎏
2011~2014年 約1,000円/㎏

2016年、2017年の漁獲量が少ないため高額になっています。

これは原因として言われているのが海水の温度・・・
これまでより水温が高かったため解禁日も例年より10日遅れての解禁になったようです。
今年2019年の1月初旬の海水温は13.2度で、昨年より1.6度高いと言われています。

いかなごは冷たい水を好む魚です。
当然海水の温度が上がると、環境が良いとは言えません。
今年の不漁の原因としても海水の温度は関係ないことはない・・・
しかも夏場は砂に潜って冬眠ならぬ夏眠をする魚なんですって!

漁はいつまでありそう?

いかなご漁については、兵庫県と大阪府が共同で決めていることがあります。

漁業者と研究機関、また行政が連携して新子(いかなご稚魚)の成長予測と漁況予報を作成して、試験操業(今年は2月27日)を経てから解禁日が決定されます。

親魚の産卵調査についても、数が1986年の調査開始以来、最少の推定産卵量という発表・・・
昨年2018年は解禁日が2月26日の終了日が3月24日と約1か月ありましたが、
2019年の今年は状況が更に厳しいので、おそらく1か月ないかと思われます。

明石より西側ではまだ少しは獲れる感じですが、ある方面の予想だとひょっとしたら前代未聞の1週間程度で操業を止めるかもしれないという情報も!
これが本当だったら、今後のいかなご漁自体も厳しいということですよね・・・
確実な情報ではなさそうなので何とも言えませんが、本当だったら悲しいな。
(注意:あくまでも噂ですので決まっているわけではありません)

瀬戸内の春の風物詩であるいかなごが獲れなくなるなんて、
これまで継承されてきた文化がなくなるということ。
これは避けてほしい・・・
おばあちゃんの代から受け継がれてきたこの地域の文化は、文化的遺伝子なんですよね。

今後のいかなご文化の継承について 

文化の遺伝子が途絶える・・・
この文化の遺伝子の事をMEME(ミーム)と言います。

会話を通して人から人へと伝わる情報のこと。
文化を形成するための伝統とか風習、知識に類する脳内の情報のことなんです。
おばあちゃんが昔から炊いていたいかなごのくぎ煮の文化を継承するには、まずいかなごの炊き方を教えてもらったりすること。
おばあちゃんからお母さんへ。お母さんから自分へ。そして我が子へとまた引き継いでいく風習がなくなるということは、その地域の活力が低下するかもしれないということ。大切なことなんですよね。

でも海水温が高まってしまうのは、人間がそうしてしまったことにもつながる・・・
温暖化になってしまったのは、まぎれもなく我々人間だということ。
いかなごが獲れなくて残念だね!という前に考え直さないといけない問題がたくさんあるということに繋がりますね!

なぜ海水の温度が年々高くなっているのか?ということを先に解決しない限り、
文化の継承は厳しくなる一方なんです・・・

文化として継承していきたい!
美味しい炊き方についても重要になりますね!

いかなごの美味しい炊き方はこれだ!

まずは材料です。
(いかなご1㎏に対して)

醤油 200g
50g
みりん 150g
砂糖(ザラメ) 300g
土しょうが 50g

①いかなごをよく洗い、ざるに上げてしっかり水を切っておきます。
土生姜を皮つきのまま千切りにします。

②下準備としてアルミホイルに箸で多めに穴を開けて落し蓋を作っておきます。

③大鍋にザラメ、醤油、酒、みりんを入れてしっかり煮立たせます。

④ザラメが完全に溶けて煮立ったところに、いかなごを少しずつパラパラと入れていきます。
(注意:一気に入れるとひっつきやすいのでパラパラと)
手で入れてさっとかき混ぜながらいれます。

⑤上から千切りの土生姜を入れて落し蓋をします。
すぐに吹くので灰汁を取ったら後は強火で20~30程炊きます。
(注意:この時きになっても絶対かき回さないように)
煮汁が泡立ち、いかなごに絡むように包まれていることを確認します。

⑥煮汁が少なくなってきたところで中火にして5分、その後弱火にして5分炊けば完成。

⑦火からおろし、平たいザルや皿にいれて熱を取ります。
この時余分な煮汁が落ちるようにザルに入れる場合は大き目のザルをつかってください。
(ポイント:この時にうちわで仰ぎながらさますと、照りのあるツヤツヤのいかなごになります♪)

完成したくぎ煮は味付けが濃いので冷蔵庫で日持ちします♪
冷凍もできます(解凍時は自然解凍で)

家庭によっては山椒を入れたりと味付けが異なるので、お好きな味になるよう調整してみてくださいね♪
この味をこの先も継承していけますように♪

ABOUT ME
みっきぃ
ほっとひと息できる情報を幅広く発信してます♡ 毎日を彩りでいっぱいにするレシピをご紹介♪ 様々な角度から『楽しく生きるヒント』を取り入れて更に心豊かな人生を♪ ナビゲーター:みっきい 神戸の下町在住 趣味はアロマを生活に取り入れる事。 なんでもやってみないと気が済まない。 好奇心旺盛。 マヤ歴紋章は青い宇宙の夜。 しっかりしてそうに見えて実は抜け作。 面白い事が大好物。