オススメ

大同電鍋が大人気!レトロカラーの種類や電気代について調べてみた!

オシャレでレトロな電気鍋をご存知ですか?

今、できる主婦の間で大流行の電気鍋は台湾のメーカーのもの。

 

Twitterより引用

レトロなカラーがなんともオシャレ!
人気の理由はそれだけではないんですよ。

大同電鍋の人気のひみつ

レトロなオシャレカラー

キッチンのアクセントにもなるおしゃれなカラーが特徴的♪

カラーはホワイト、ピンク、グリーン、オレンジ。
これひとつで存在感たっぷり。
どことなく昭和レトロな雰囲気を感じさせるおしゃれなカラーとデザインになっています。

人気の台湾メーカー

実はこの大同、2018年に100周年を迎えた台湾の老舗メーカーなんです。
そして台湾人にとってはなくてはならないもの。
街のコンビニでも、この中に煮卵が入れられているのを私も見たことがあります。

Twitterより引用

ひょっとしたら一家に一台ならぬ、一家に二台あるかも・・・
デザインも初期から変わらないようで、ちょっとやそっとでは壊れないと言われています。

使い方が簡単

使い方が超カンタンなのも人気のひとつ。
材料と水を入れてスイッチを押すだけ!以上!

これなら毎日忙しい主婦でも簡単楽ちんに調理ができます。
出来る主婦は時短が重要♪と言いますもんね!
材料によって水分量を変えるだけで、蒸す、煮込む、温める、炊くという使い方ができます。それに火加減調節をしなくて良いので、誰でも簡単に美味しい料理を作ることができるのはありがたい。

外窯の水を蒸発させることで加熱する仕組みになっているので、調理が完了すると自動的にスイッチが切れるため、タイマーのセットが必要ないんです!
また、電子レンジを違い電磁波やマイクロ波が出ないので安全です。

私も実は今発注中!(笑)
今朝楽天でポチっとして、さっき見たら完売になっていました・・・

Instagramより引用

届いたら作りたいメニュー!
魯肉飯(ルーローハン)!これ絶対作りたいんです。
それと本格マーボー豆腐もね!

鍋の大きさと電気代

販売されている鍋の大きさに種類があります。
6号炊きの1.08Lと10合炊きの1.8L。

6号炊きの方は消費電力がそれぞれ600wと800W。
これはだいたい1時間使用した場合の電気代のおそよなのですが、6合炊きで約16円ほど。10合炊きの場合も約22円ほどです。
意外にかからないでしょ?

また人気の電鍋の大きさなんですが、10合炊きの方が断然人気!

大きい方が人気な理由

日本で購入できるサイズは上記の6合炊きと10合炊きの2種類なんですが、台湾では合では表さず〇人分と表示します。
種類も6人分、10人分、11人分と表され、中でも10人分サイズが一番人気とのこと。
理由は、6人分は意外と小さくて沢山の量を調理できないということ。2人家族でも10人分を購入するというのも耳にしたことがあります。

しかし・・・
もう既にわたくし6合炊きを発注してしまった・・・
いっぱい作って食べようと思っていたのに・・・
魯肉飯・・・

もし購入をお考えの方がいらっしゃいましたら、大き目サイズをご購入ください♪

ほったらかしでよい

そして何より。材料を入れてほったらかしで良いのが一番人気の理由!
忙しい主婦に人気なのも理解できます。

ズボラと言わないで・・・
テキトーと言わないで・・・

材料を入れてスイッチ一つで魔法にかかったかのように、後は出来上がるのを待つだけです。魯肉飯も麻婆豆腐もほったらかしでOK!

早く届かないかなあ♪
ちなみに私はグリーンを購入しました。
唯一の失敗は一番小さいサイズを購入してしまった事。
食べるの大好き夫婦にとってはちょっと小さかったかなあ・・・

ABOUT ME
みっきぃ
ほっとひと息できる情報を幅広く発信してます♡ 毎日を彩りでいっぱいにするレシピをご紹介♪ 様々な角度から『楽しく生きるヒント』を取り入れて更に心豊かな人生を♪ ナビゲーター:みっきい 神戸の下町在住 趣味はアロマを生活に取り入れる事。 なんでもやってみないと気が済まない。 好奇心旺盛。 マヤ歴紋章は青い宇宙の夜。 しっかりしてそうに見えて実は抜け作。 面白い事が大好物。