気になる!

ペン型のゆかりふりかけでモテモテ?他の種類や価格を調べてみた!

どの家庭でも常備してそうなこのふりかけ『ゆかり』

Twitterより引用

おにぎりやお弁当にもよく使う方も多いはず♪
赤じその風味が鼻から抜けて、私も好きで家にあります。
赤じそジュースを作った後に、絞りきった葉っぱでゆかりのように作ったりもします。

実は私も最近知ったんですが、製造元の三島食品からこんな商品が出てたんです♪

ペン型ふりかけ『ゆかり』

実際に手にとってみたんですが、本当にはじめはゆかりの色の紫のペンだと思っていたんですよね・・・

ゆかりのロゴ入ってて可愛いなあと思ってお土産に購入したのがきっかけ。
でも裏をよく見てみると、

紙には”かけ”ませんが、食品には”かけ”られます。

え!そうなんっ!
名前も赤しそふりかけって書いてあるので間違いない。

と、びっくりすると同時に横に並んでいた他のペンが気になって・・・

え?
何これ!
黄色のペンと緑のペンもあるやん!

そしてそこから衝撃的な発見をしてしまったんです。
ペン達の横に更なる商品。

かおりあかり・・・
ナンデスカコレハ?

ゆかりの姉妹?

初めて知ったんです。
あのゆかりに姉妹がいたのを!

ゆかり→赤しそ
かおり→青しそ
あかり→ピリ辛

んん?
ピリ辛たらこ?
ゆかりちゃんとかおりちゃんはシソなのに、あかりちゃん急にたらこ・・・

めっちゃ面白いやんか・・・

そうやったんです。
ゆかりの製造者である広島の三島食品さん、面白いことをしてくれます。
ちなみに他に姉妹がいるのか探してみましたが、残念ながらいらしゃらなかった・・・

このシリーズが出来た後にペン型のふりかけが生まれたんですね♪

モテモテからのひらめき

このゆかり達の製造者である三島食品株式会社さんは広島の企業です。

実はここの社長さんがとってもユニークな方のようで、ペン型ふりかけを販売するにあたって、こんな面白いエピソードがあるんです。

このペンは紙にはかけないけれど、ご飯にはかけられるんだよ。

ある夜、広島のクラブで三島社長が胸ポケットからこのゆかりペンを出して、女性たちに冗談まじりに言いながら、焼酎グラスの上でペンをふると、中からゆかりが出て来た。

きゃあ何ですかそれ♡
可愛い〜♡
私も欲しい〜♡

その瞬間社長、これは売れると確信し商品化したという話。

それ以降、ゆかりペンは東京銀座にあるアンテナショップや広島の道の駅などで販売をスタートすると即日完売。
ついにはネット販売も開始し、1ヶ月の販売数量は100本→1000本にも増え、さらにSNSでも拡散され大人気商品となったという逸話。

ペン型1本/540円(税込)
通常パック/140円(税込)

こういうところから人気商品やヒット商品って生まれるんですね♪
初めて見たお姉さん達もそらきゃあきゃあ言うわ♡

人気の秘密は?

もう間違いないのは、ゆかり自体の存在をもう既に世間が知っていたこと。
昭和45年に誕生したゆかりの知名度は世代関係なく高かったんですね。

それに加えてペン型ということで、

斬新!
おもしろい!
海外旅行に便利!

ということと、このゆかりペンが単なるふりかけではなく、
コミュニケーションツールとして、スーツの胸ポケットに忍ばせて宴席でサッと出すだけで、三島社長のように人気者になれたりモテたりするかもしれない!

どのお宅にも置いてあったり、一度は目にしたことのあるあの紫のパッケージのゆかりの人気は、形を変えて更に存在感がUPしたようです♡
誰でも知っている商品だからこそのヒット。
胸ポケットに1本、いや3本。
忍ばせてみてはいかがでしょうか?

製造者 三島食品株式会社
所在地 広島県中区南吉島2ー1ー53
HP https://www.mishima.co.jp/
オンラインSHOP https://mishimashop.jp/

 

 

ABOUT ME
みっきぃ
ほっとひと息できる情報を幅広く発信してます♡ 毎日を彩りでいっぱいにするレシピをご紹介♪ 様々な角度から『楽しく生きるヒント』を取り入れて更に心豊かな人生を♪ ナビゲーター:みっきい 神戸の下町在住 趣味はアロマを生活に取り入れる事。 なんでもやってみないと気が済まない。 好奇心旺盛。 マヤ歴紋章は青い宇宙の夜。 しっかりしてそうに見えて実は抜け作。 面白い事が大好物。