オススメ

日本全国でリバーSUPが出来る川はどこ?料金や年齢制限について

全国の楽しいもの好きのみなさん、
お待たせしました!

最近よく耳にするリバーSUP。
川でSUPするのって危なくないの?と思っていませんか?
この記事では川でのSUPの安全性や、日本全国で体験できる川やその詳細について調べてみたことをまとめています。
思いっきり楽しむには安全であることが第一ですもんね!

日本全国で体験できるリバーSUP一覧

現在開催されている国内のリバーSUP会場

北は北海道から南は沖縄まで、リバーSUPができる全国の川を調べてみました。

北海道 ニセコ(尻別川)
青森県 中村川・白神湖
岩手県 錦秋湖
栃木県 那須矢の目ダム湖
群馬県 利根川水上
四万湖・吾妻川
埼玉県 長瀞・秩父(荒川・玉淀湖)
東京都 江戸川
奥多摩(多摩川・白丸湖)
神奈川県 みなとみらい(大岡川)
山梨県 本栖湖
長野県 黒姫(野尻湖)
安曇野(青木湖)
岐阜県 長良川
飛水湖
木曽川
静岡県 富士(富士川)
伊豆(狩野川)
浜松(天竜川)
滋賀県 琵琶湖
京都府 保津川
徳島県 吉野川(大歩危・小歩危)
高知県 二淀川
四万十川・吉野川
福岡県 博多博多(那川)
熊本県 球磨川・川辺川
宮崎県 小川
鹿児島県 屋久島
奄美大島
沖縄県 名護
億首川
比謝川マングローブ
宮古島
石垣島
西表島

おそらくこの表以外にも増えているかもしれません。
その都度更新していくようにしますね♬

そもそもSAPって?

基本的なことになりますがSUPとは何の略称かご存じですか?

SAP=Stand Up Paddle

の頭文字をとってSUPと言います。
サーフボードのような板に立ちパドルを漕いで水面を進み、波がある海ならそのまま波乗りをすることもできます。
私もサーフィンをするので、海に行くとSUPをしている方が多くなってきたなあと感じます。ボードもサーフボードより浮力があるのでバランスも取りやすいかと思います。

Instagramより引用

準備するものは?

水に落ちることを考えて、濡れてもよい恰好で臨みましょう♪
水着の上にラッシュガードを着たり、あとは利用する施設によってライフジャケットを用意してくれるかと思います。

足元はビーチサンダルは脱げてしまいます。
これも施設で借りることができることが多いので問い合わせてみてくださいね。

水に入る設定で用意したほうが良いです。
ちなみに私はSUPする時はわざと水の中に入ります(笑)
だってその方が数倍楽しいから♪

そう!楽しむ心が一番大切なのです♪

リバーSUPの安全性について

安全な道具

まずライフジャケットは安全のために必ず装着します。
またウェットスーツを着用する施設もあります。
種類は違いますが、私もリバーラフティングをした際は必ずウェットスーツとライフジャケット、ヘルメットを着用していました。
つまり浮力のあるものを身に着けておく。

またボードから体が離れた時のためにあるリーシュコードと呼ばれる流れ止めもついているのでボードだけが流されるという心配はありません。

施設ではレンタル可能なことがほとんどです。
安心して着用ください。

Instagramより引用

お子様でも楽しめます

流れのある川では緩やかな川で、また湖でのSUPをおすすめします。
年配の方や未経験者でも同じです。
だいたい5歳から小学生以下のお子様は、親御さんのボードに一緒にのって、中学生から年配の方は、健康であればお一人での利用が可能になるかと思います。

おいしい空気を吸って、大自然のすばらしさを感じられますよ♪

安全で楽しく自然に触れる♪

特に小さい頃の思い出って大切ですよね。
私は初めて行ったスキーでスキーが嫌いになりました。
それは怖いというイメージしか結局残らなかったから・・・

水辺での思い出も同じです。
海へ行って波が怖いと感じる方は、小さい時に波で怖い経験をていませんか?
川も一緒です。
流れがある場所で怖い思いをすれば大人になってからも残りがち・・・

小さい時に経験したことが安全で楽しいものであれば、記憶をしてインプットされ、ますます自然に触れたくなるもの。
ぜひこのリバーSUPで大自然の恩恵を受けてみてくださいね♪

ABOUT ME
みっきぃ
ほっとひと息できる情報を幅広く発信してます♡ 毎日を彩りでいっぱいにするレシピをご紹介♪ 様々な角度から『楽しく生きるヒント』を取り入れて更に心豊かな人生を♪ ナビゲーター:みっきい 神戸の下町在住 趣味はアロマを生活に取り入れる事。 なんでもやってみないと気が済まない。 好奇心旺盛。 マヤ歴紋章は青い宇宙の夜。 しっかりしてそうに見えて実は抜け作。 面白い事が大好物。